アクセスカウンタ

<<  2013年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


junhashimotoリブニット

2013/01/26 03:45
画像

画像

* ニット:junhashimoto
* ストール:Epice
* ジーンズ:Lee

junhashimotoのショールカラーリブニット、表面がサンドブラスト加工してあるので、元の生地のブルーグレーとサンドブラスト加工された部分が白に近い色合いになっててコントラストがかっこいい一品。

柄物のストールと合わせて休日のお父さんスタイルです。

-----------------

このショールカラーニット、3か月前に表参道のjunhashimotoでセールかなんかで2万円半ばで売ってて買うの迷ったのですが、一旦あきらめたんですよね。

で、そんなことも忘れてた先日週末、引っ越しをするのにいらないものをリサイクルショップに持ち込んで、査定してもらってる間に店内うろうろしてたら中古?新古品?のこのニットを見つけまして。

このブランドは中古市場でもそんなに評価悪くないはずなのになんか4500円くらいで売ってて、やっす!なんでや、と思ってタグをよく見てみると

「表面日焼けのため」

って記載が。

ちょw焼けじゃなくて加工っすwわざわざサンドでブラストした加工っすw
なんて言いながら買いましたね。

そんときはラッキーと思ったんですが、良く考えたら自分はそれが加工だって知ってるからデザインとして見れるけど、知らない人からしたら日焼けした服に見えるってことなんですよね・・。


まあいいです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


S. N. S. Herning × カモ柄

2013/01/20 01:16
画像

画像

先日買ったS. N. S. Herningを早速使ってみました。
ネイビーと相性よさそうなので去年流行ったカモ柄を中に。

画像

アウターを着るとこんな感じ。

グレー・ネイビー・カーキは自分の中で三大合わせやすい色なのですが、そのスリートップが豪華にコラボレートした配色。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【SOMETデニム育成】着用1年目

2013/01/14 23:04
ジーンズを育てたいと思い立ち、このsometを購入、履き始めてから早1年。


* 着用日数 - ちょうど1年
* 着用頻度 - 平均で週2.5回くらい
* 洗濯 - 計6回。 最初5か月間は洗濯せずに履き、初めての洗濯は洗剤なし。その後は普通に洗濯。

縦糸のブルーグレーっぽいインディゴがすこし抜けてきて、黄味がかった色合いの横糸が存在感出してきた感じ。

また各部位の写真を撮ってみた。

▽膝がぬけてきた。まだ生地には若干硬さが残っている。しぶとい。
画像


▽細かなハチノス。裾が長いのでかかとの辺りに結構ダメージが。
画像


▽前アップ。近くでよく見るとヒゲができてきている。
画像


▽普段椅子に座って作業することが多いからお尻周りは特に色落ちが進んでいる。バックポケットの色落ちで裏に折り返した布の位置がわかる。
画像


▽サイド。まだまだサイドシームの割った布の部分が浮き出てきたりはしていない。
画像


とまあこんな感じで、「sometは色落ちが遅い」とよく言われている通りなかなかヒゲやアタリはできない。

このジーンズはキレイな格好にもつかいやすいので、最近は育てるよりもなるべく色落ちさせないで着回しやすいままの状態でいてくれると助かるなあなんて思ったりもするけど・・w

また半年か1年後くらいにレポートできればと思います。

--------------

ソメジーンズ、今までの記録はこちらからどうぞ→SOMETジーンズ育成まとめ
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


S. N. S. Herning[STARK]

2013/01/08 21:36
画像

2013年 初・散・財!

セールでS.N.S.Herning(エスエヌエスハーニング)のSTARKというモデルのニットを買いました。

S.N.S.Herningは1931年創業のニットブランド。もともと漁師のためのフィッシャーマンニットを作っていたブランドでそのニッティング手法は現在でも受け継がれているそうです。

STARKはS.N.SHerningの中では定番モデルで、バイアスっぽく斜めに編まれた生地が特徴でボタンも大きめのメタルボタンがアクセントの一品。

発色の良いネイビーのwool生地は厚手で編込みの密度が濃いので外でも寒くない。だけど、シャリ感のあるウールを使用しているので、厚手ニットにありがちな室内や電車内で熱気がこもってムンムン暑くなるなんてこともない。

画像

腕とか結構タイトなつくりになっているからインナーとして着ることも想定されてるのかな。デンマークの海って半端じゃなく寒いだろうから・・。

本当はSサイズが良かったけどサイズかけてたのでしかたなーくXSを購入。タイトだからジャケットのインナーとしても着られるかな?と思って着せてみました

画像

ボタンが結構主張する・・。Vゾーン広いテーラードジャケットみたいなアウターじゃなくて革ジャンとかのが相性いいかも。

-----------------

S.N.S.Herningは去年伊勢丹で下のカーディガンを気に入ってチェックしてたブランドなのですが、下のmemoってモデルのカーディガン、迷ってるうちに店頭から無くなっちゃってたんですよね。幾何学的な編地がイケてますよね。買っとけばよかったなー。
画像

via A.SMITH VOICE
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2012年 - ファッションベストバイ!【wa_ta_ru編】

2013/01/01 23:58
明けましておめでとうございます。

去年「2011年-ファッションベストバイ」って記事書いたばっかりな気がするんですけどね。1年経つのがほんと早く感じます。

2012年は所帯を持つことになったりしてプライベートで大きな転換期となった1年でした。

指輪やら式やら家を借りたりするので出費がかさんで、前みたいにジャケットやコートなどの大物をバンバン買ったりすることができず、ストールなんかの小物買いが多い年だったような気がします。

・・とまあそんなこんなで去年の形式にのっとって、今年もガジェット編ファッション編に分けてランキングしていきますよ!



▼ガジェット編



【3位】 Logicool - Mouse M500(4,980円)
画像
言わずと知れたPC周辺機器メーカー、ロジクールのマウス。会社では3年前からずっと使っているのですが、今年、自宅用にも購入したのでランクインしときました。
マウス自体の適度なサイズや重量感はもちろん、スクロールホイールにも重みがあって、普通のホイールみたいにジジッジジッって感じじゃなくて「シャーーー」って回せるのが一度使うと病みつきになります。
電池交換が面倒だからワイヤレスではなくあえて有線タイプ。



【2位】 IZUMI - 毛玉カットとるとる(2,000円)
画像
毛玉取り器に何千円も出すなんて・・と思う方もいるでしょう。自分もそう思って100均の毛玉取り器使ってたけど、やっぱ大きくてパワフルなやつはバンバン毛玉取れて気持ちいい。
セーターとかネルシャツとか、あとホットカーペットとかも、毛玉を綺麗に取るだけで新品同様とまではいかないけど見違えるほどきれいになりますヨ。



【1位】 Apple - iPhone5 32GB (約70,000円)
画像
3年弱使ったiPhone3GSがキツくなってきたので乗り換え。Apple信者じゃないけどモノとして完成されてると思った。まあでも特に言うことないです。





▼ファッション編



【5位】 junhashimoto - ネイビーレザージャケット(中古:60,000円弱くらい)
画像
阪急メンズ館のイベントでデザイナー本人に会ったときに着てったんだけど、「何着かしか作ってないから相当レアもんやで」的なことを言われた思い出もあってランクイン。
革のアジというか表情がすごく出ていて、見てて飽きない。けど迫力がありすぎてインナーとかボトムスに何を合わせたらいいのか分からず去年4〜5回しか着れなかった・・。
今年は攻略法を見つけてたくさん着たるで。



【4位】 RING milano - ライトグレージーンズ(セール:21,000円)
画像
このブランドのパンツがでっ尻気味な自分の体型と相性がイイらしく、試着した瞬間ピンときて購入。シルエットが気に入ってこの後黒いコーデュロイも色ち買いしてしまいました。
シルエットはスリムストレートでジャケットやコートの時に大活躍。


【3位】 The NORTH FACE - PSイーチップ グローブ(4,410円)
画像
ツイードと革コンビ素材の手袋を普段使ってるので、それとは正反対のアウトドアっぽい雰囲気の手袋を持っておこうってことで購入。
指先にはX-staticとかいう伝導素材が付いているので、手袋したままスマホの操作も可能。
ウエットスーツで使われているような伸縮性のある素材なので、手に吸い付くような感じ。手袋装着したままでも財布から小銭取り出せたり素肌感覚でスマホのフリック操作とかができるのがすばらしい。



【2位】 無印良品 モダールシルクストール (1,980円)
画像
ファリエロサルティなどでも使われている高級素材、モダール&シルクを使ったストール。
ゆるく織られているので独特のシワが出て、端は切りっぱなしなので、ユニクロの1000円くらいのレーヨンストールなどと比べると雰囲気が段違いに良い。
気軽に洗濯できるし使い勝手もイイので、これからまた何色か買い足していくであろう一品。



【1位】 somet スリムストレートジーンズ (22,050円)
画像
今年の頭に唐突に「ジーンズを育てたい」と目覚めてから購入。来週で購入してからちょうど1年が経ちます。
リベットやステッチなどジーンズのディテールを丁寧に踏襲しつつも、モダナイズされたスリムシルエット、ローライズ気味の股上で、キレイめから古着まで、ロングコートもショート丈ブルゾンもOKな懐の深い1本。
早く育てたいという思いもあって今年週2〜3回のペースで履いていたので愛着も湧いてきました。

他の人の話しとか聞いてて、育てるジーンズは生地やディテールも重要ですが、たくさん履けるように「手持ちのクローゼットに合わせやすい」という条件も重要だなと気づきました。
色落ちを追求して買ったジーンズが手持ちの服と合わせづらくて履かなくなってしまったら意味ないですからね。

そういう意味では「育てたい」と思って買ったこのジーンズが自分のクローゼットとぴったりマッチしていたので、良い選択ができたと思っています。

somet育成日記は近々更新する予定なのでお楽しみに。

------------------

というわけで2012年のベストバイでした。
2013年もゆるゆる更新していくつもりですので、よろしくおなしゃす!
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2013年1月のブログ記事  >> 

トップへ

【コデ録】 メンズ/ファッション/コーディネート 2013年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる