ゴアパーカー

リアル森ボーイ風
画像

画像

●ブルゾン・古着
●パンツ・リーバイス501

上着はアメリカ軍のECWCSゴアパーカーです。ECWCSとはExtend Cold Weather Clothing System(極寒冷地用)の略で、ベリーヘビーゾーンと言われる-30℃くらいの地での任務に使われます。

そんな極限状態で使われてるジャケットなので、機能性は非常に良くて、素材はゴアテックスと同等、なんと100時間耐久で洗濯機にかけるという検査もありとてもタフ、そしてもちろん動きやすいという。

古着であれば1万円弱で手に入ってコストパフォーマンスも抜群。カモ柄が嫌であればベージュや黒もあるので、ヘタに変なブランドもののマウンテンパーカーを買うよりこっちのがいんじゃないかと。

上で着ているのは最初期のモデルで、現在のゴアパーカーはフードが襟に収納できるようにマイナーチェンジされています。私はどちらかというと、首元に異常にボリュームがある、初期型のが仰々しくて好きです。

調べてみると、初期のゴアパーカーはノースフェイスが製作に携わってるとか。こんなデザイン的にもウンチク的にも◎なのにあんまり雑誌なんかで特集されないのは何ででしょうかねぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック