アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
【コデ録】 メンズ/ファッション/コーディネート
ブログ紹介
自分の服装を俯瞰するため、話のネタのため...etcに
日々のスナップを晒したりしなかったりしているコーディネート備忘録です
zoom RSS

靴とリュックのブランド

2015/03/12 02:14
革靴のブランド一覧
http://matome.naver.jp/odai/2141788464346959201



リュックサックのブランド一覧
http://matome.naver.jp/odai/2141109056322962601

を作りました。

有名どころを押さえて、ブランドの豆知識とかうんちくをちょいちょい入れているので、これだけ覚えたらまあまあ知ってるやつレベルになれるんじゃないかなと思います。

僕はまとめ作りながらブランド覚えたら、通勤中に、あ、あれは〇〇のxxモデルだ!とか前よりわかるようになってちょっと楽しいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年 - ファッションベストバイ

2015/01/02 15:26
あけましておめでとうございます。

4年前から購入したファッションアイテムは全部エクセルで記録するようにしてて、年末になると、その年、何をいくらで買ったか集計してます。

エクセルで管理するのがめんどくさい!という人は、ファションアイテムを買うときは必ず一つ、決めたクレジットカードで買うようにしておけばOKです。年末にでも1年分の引き落とし額を振り返ってみて集計すれば何にいくら使ったか簡単に確認できます。

ファッションに限らずですけど、なんか趣味とかがある人は1年に1回、何にいくら使ったか確認するようにしてみるといいと思います。まとめて見るとびっくりする金額になってて打ちひしがれること必須なので。

------------------

早速ですが去年のベストバイです。今回は絞り切れず、12点とちょっと多いですが。

【12位】 STONE ISLAND - Micro Reps ブルゾン (71,000円)
いままでレザージャケットなどをよく着てたのですが、今年はだんだん服の重量とか締め付けがつらくなってきて、ハイテク衣料をよく着ました。
このブルゾンに使われているマイクロレプス生地は、高密度に打ち込まれたナイロンでラミネートなどに頼らずに防風撥水を実現しているのがいい感じ。あとブルーグレーっぽい色がすごく好み。高い。



【11位】 STONE ISLAND - ジップアップカーディガン (セール 28,000円)
ストーンアイランドで最も売れてるアイテムの一つ、と店員さんが言ってた。ジップアップで着脱容易、適度な厚みがあり、ナイロン混ウールなので生地が丈夫で、洗濯機でOKなのが楽でよい。
ダウンベストなどと合わせて左腕のウィンドローズを出しドヤ顔するのに最適。



【10位】 THE FLATHEAD - Diamond Head (10,000円)
アロハシャツの名作定番柄の一つ、「ダイヤモンドヘッド」。ヤシの木々の奥に佇むダイヤモンドヘッドが優雅です。
ヴィンテージレプリカに定評のあるブランドだけあって、40年代の生地を再現するために当時の織機を買い取りオーバーホールして使っているそうです。確かに他のアロハと比べると生地にコシと重みがあります。生地は手捺染で染められているので、洗うほどに馴染んできそう。



【9位】 SAINT JAMES - BINIC II (116ユーロ)
フランス旅行の際購入したセーター。セントジェームスと言えばピカソも愛用したボートネックのバスクシャツが有名ですが、そちらは似合いそうになかったのでセーターを選びました。
シャリ感のあるウールで、シャツとジーンズと合わせると無類の爽やかさを発揮。



【8位】 Kona Bay Hawaii - Mt.Fuji (88ドル)
冬休みにハワイに行った時、店頭でオーナーのKCキウチさんが着ているのを見て一目惚れし購入。富士山となすびが描かれた縁起の良さそうな一着です。
和柄アロハはチンピラみたいになりそうで避けてましたが、黒に近いチャコールグレーが上品だったのでこれは大丈夫だろう。



【7位】 IOLANI - PINEAPPLE (78ドル)
こちらも冬休みのハワイ旅行の際に購入。パイナップル柄はアロハシャツを代表するオーソドックスな柄なのにまだ持っていなかったので入手。モノクロカラーがシックでかっちょええ。
そういえばIOLANIは去年UNIQLOとコラボして一躍有名になりましたね。



【6位】 VANS - スリッポン (8,000円)
黒いスウェード素材のスリッポン。着脱のしやすさ、履きやすさはもちろん、これはソールの部分もブラックなのでカジュアルになりすぎず、とにかく何にでも合わせられる汎用性の高い一足。脱いだ時にかっこいいからレザーのインソールを入れてます。
もし靴箱の中の靴を一足残してすべて捨てろと言われたらたぶんこれを残します。



【5位】 STONE ISLAND - Garment Dyed Down Shirt (66,960円)
1u辺り26gの超軽量ナイロンに直接ダウンを注入して作られた、着ている事を忘れるほど軽いダウンシャツジャケット。
重いウールのコートに重ね着して窮屈になりながら寒さを凌ぐのが至高。ダウンジャケットを買ったら負けだ。と思ってダウンジャケットは今まで避けていたのですが、とうとう買ってしまいました。
想定通り、軽いし暖かいし文明の利器やー!と、あまりコートや革ジャンを着なくなってしまいました。一度甘い果実の味を知ってしまったら後戻りはできないんや。



【4位】 Dr.Martens - FLASH (セール 8,600円)
マーチン童貞卒業。ゴツい系サンダルは好みじゃなかったけど、セールになってるからとお試し感覚で買ってみた。
ホールド感とクッション性がやたら高く、まるでブーツを履いているような安心感が病みつきに。もっさりした野暮ったい面構えだけど履いているうちにじわじわ好きになってきて、最終的には今までメインで使っていたビルケンのアテネよりも履いたかもしれない。



【3位】 GRAMICCI - インナーダウンベスト (セール 5,000円)
冬でもニットブルゾンとかジャケット着たいよーと思って今年流行ってるインナーダウンを買ってみました。(本当はユニクロのライトダウンベストを買うつもりだったが人気により品切れ・・)。
カーディガン感覚でインナーに着ておけば暖かいし防風性も高いしでめちゃくちゃ心強く、最高でした。これをアウターとして着るにはちょっとダサいけど。



【2位】 junhashimoto - BACK DOWN COWICHAN (オークション 20,000円くらい)
背面の生地が切り替わってる服フェチなので、去年店頭で見て一目惚れしたんだけど、生産数が少ないためマイサイズが全然無かったのと、迷った末に去年のベストバイに挙げたモンクレーのニットブルゾンを選んでしまったので買えなかった一着。
オークションに欲しかったカラー・サイズが奇跡的に出品されていたので、定価に迫る金額まで出す覚悟で戦うつもりだったがあっさり落札できた。
ケーブルニット好き、背面生地切り替え好き、さらにジッパーにはラッカーニを使用していて、ジッパー好きである自分のツボをことごとく突く垂涎の一着。ちゃんとクリーニングできるのかだけ心配。白洋舎先生頼みます。



【1位】 Kona Bay Hawaii - Palm Tree Leaves(20,000円)
ヤシの木の葉っぱだけをモチーフにしたシンプルな柄に、パーンと目の奥に刺さるようなボディの青とグリーンのコントラストが見ているだけで気持ちいい一着。レーヨンのさらっとした素材感が活きたほんとにいい色なんですが、写真じゃ伝わり切らないのが残念。
Kona Bay Hawaiiは毎年Beauty&Youthとコラボしてオリジナル柄のアロハシャツを作っているそうなんですが、B&Yがピックアップしてるだけあってかタウンユースにも使えそうないい柄が多いんですよね。

---------------------------

【総括】
* 革ジャンやコートなどのローテク衣料からマウンテンパーカーやダウンジャケット等のハイテク衣料にシフトした年でした。そのため、今年買ったストーンアイランドの服がほとんどランクイン。
* ボトムスはほとんど買っていないのでノミネートされませんでした。
* あと去年から徐々にアロハシャツが増えてきましたが、まだヴィンテージとかにはまだ興味がないのでセーフです。

それではよいお年を!

2013年のベストバイ
2012年のベストバイ
2011年のベストバイ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ビジネスバッグのブランドをまとめた

2014/08/22 23:42
もう一つまとめ記事紹介。

ビジネスバッグのブランドが一覧でまとめられているサイトが無かったので、半ば備忘録的にメジャーどころを片っ端から集めました。ビジネスバッグのブランド、結構多かったので値段別に3記事に分割してあります。


【1万〜3万円編】値段別ビジネスバッグブランド

1〜3万円はやはりナイロンやキャンバス地のバッグが多くて、PORTERがダントツ最強という感じか。
メンズでもセカンドバッグが流行っているので、野球グローブを作っていたという"トライオン"のこんなシンプルなレザーバッグを抱えるのもよさげ。
ビジネスバッグ
※TRIONオフィシャルページより画像引用



【3〜5万円編】値段別ビジネスバッグブランド

アニアリ、オロビアンコ、トゥミ、ポールスミス・・・。3〜5万円出せば、話題性高く使い勝手もよく、レザーなど素材にもこだわりを持ったブランドのバッグが買えるようになる。
個人的にこの値段帯で欲しいと思ったのは、とにかくゴツイ、ハンドメイドレザーバッグで有名なHERZのこのレザートートバッグ。ビジネスバッグとしては使いづらいかもしれないけど。
ビジネスバッグ
※HERZオフィシャルページより画像引用



【5〜10万円編】値段別ビジネスバッグブランド

さすがにこの値段になってくると、"英国王室御用達"のエッティンガーとか、"月面着陸で月の石を持ち帰る為のバッグを作成した"ゼロハリバートンとか、持つこと自体がステータスになるようなブランドになってくる。
この値段帯のバッグはほとんどレザーかカーボンとかだけど、ステファノマーノはナイロンメインで展開してて、5万以上の高価格帯なのにナイロンメインのバッグ(しかも人気がある)ってすごいなと思ったり。
ビジネスバッグ
※ステファノマーノオフィシャルページより画像引用


他にコレ入れとけってブランドあったら教えてください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近の活動

2014/08/02 02:47
ブログを開くのが久々でどうやってログインするかも忘れちゃってました。

最近ブログを書かずに何をしているかというと、NAVERでまとめ記事を作っています。

キッカケは、前にも書いた通り、会社にNAVERの人が転職してきて話のネタにとジーンズの記事を作成してみた事で、記事作るのも楽しいんだけど一番の行動原理はインセンティブ報酬がもらえること。

いくつか記事を作ってお昼ごはん代くらい稼げたらいいなーなんて思ってたけどまあ現実はそんなに甘くないもので、13記事書いて今もらえる額がやっと800円ちょいくらいです。

naver管理画面


結構じっくり作ってるから1記事作るのに大体3〜5時間くらいはかかってて、やっと13記事書いたのでたぶん50時間以上は使ってて、時給に換算すると20円いかないくらいか。。悲しい。。


せっかくなので最近作ったまとめを紹介しますよ。


NAVER: アロハシャツのブランド一覧

最近アロハシャツにハマってて、ほぼ毎日アロハで通勤してるんですが、アロハ好きならこれくらいは押さえとけってブランドを列挙してあります。

おなじアロハシャツブランドでも調べてみるとブランドごとに個性があって面白くて、個人的にはイオラニとコナベイハワイがお気に入り。


NAVER: ミリタリージャケット・軍服の名称・型番まとめ

ミリタリージャケットって兵士の命を支えるためにガチの機能性を備えてるからかっこいいんですよね。あらゆる洋服の原型やディテールの元ネタになってるので、これくらいは押さえておけって型番一覧です。


自分の知りたいことを調べながらという感じで一覧系のまとめが多い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新しい育成デニム

2014/03/16 12:57
今育てているSOMETも3年目を過ぎ中堅選手に。
そろそろ次の育てるジーンズが欲しいと思い探索中の今日この頃。

細身でジャケットにも合わせられる上品さがあり、季節問わず使える13〜15オンスくらいのものがいいなーと思っていて、そんな条件でデザイナーズクラフト系デニムのブランドにいくつか目をつけて試着しに行ったりしています。

そこで検討中のデニムをNAVERでまとめてみました。
(このブログで直接書けよって話ですが、今の職場に前NAVERで働いていた人が来たので、話のネタのためにちょっと触ってみようかなと思って)

NAVER:色落ち期待の本格生デニム!厳選6ブランド 【スリムシルエットver.】

初めてのまとめでちょっと見づらいと思うので、リストアップしたブランドとアイテムを言ってしまうとこんな感じです。

・SOMET   - メンズスリムパンツ
・A.P.C.  - プチスタンダード
・DENHAM   - スキンスリムフィット
・rag & bone - RB15
・KURO    - グラファイト
・Nudie Jeans - シンフィン


この中のどれかにしようと思ってるのですが、個人的には日本好きデニムオタクのデザイナーがやっている、オランダのDENHAMがちょっと気になってます。

あとKURO。個人的にバックポケットのデザインとか手縫い風のあえて歪ませている縫製とかが好みではなかったんですが、ブランドについて調べるほど、こだわりと人の手が感じられるKUROのジーンズいいなーなんて思い始めてしまっているところ。

KUROはジーンズのタグに手掛けた工場の名前が明記されているんですが、例えば自分が購入を検討しているグラファイトという型番でそれを読み取ってみると、

KUROデニム


Sewing:Oikawa Denim Co.
縫製は宮城県、国内外の名だたるブランド製品の縫製を請け負う「及川デニム」。
及川デニムの手掛けたジーンズが、3.11の東北の大震災で津波にもみくちゃにされながらも、ほつれ一つない状態で発見され「復興デニム」と称されたのをご存じの方もいるのでは。
化繊混のものよりも扱いづらい綿100%の糸を使って、手縫い風のステッチワークなどの凝った縫製をできる技術を持った工場は国内にもそう多くないそうです。

Fabric:Yoshikawa Orimono.Co.,Ltd
デニム生地はデニムの聖地こと岡山に所在している「吉河織物」。
シャトル織機という昔ながらの機械でゆっくりとデニム生地を打ち出しているので、凹凸のある風合い豊かな生地が出来上がる。

Wash:Bitou Co
加工は岡山県・児島にある美東。国内ヴィンテージレプリカブランドから海外メゾンブランドの生地加工まで手掛ける職人集団で、世界のデニムをリードする企業と言っても過言ではないでしょう。


そんな前提知識を入れたうえで下の動画を見てもらうと、12分もある動画だけど、文字通り生産者の顔が見られて面白いですよ。




どうです。KURO欲しくなったでしょう笑。
これで値段も1万円台〜で購入できるのでコストパフォーマンスはほんと良いと思います。
迷うなぁ・・。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【SOMETデニム育成】 2年着用

2014/02/08 17:39
1年ぶりにsomet育成リポートです。

* 着用日数 ・・ 2年1ヵ月
* 着用頻度 ・・ 週2回くらい
* 洗濯 ・・・・・ 5回程度着用につき1回、洗剤を入れて裏返して普通に洗う。

またまた各部位の写真を撮ってみました。デニムの具合が分かるようになるべくシワを伸ばして撮影しています。


▽前面。デニム生地がやわらかくなってきて膝もすごい抜けてきた。履きやすい。
somet1



▽タイトなシルエットだから膝裏のシワは斜めに入らず、ハチノスというよりはアコーディオンみたい。
somet2



▽個人的にはボタンフライの周りが渋くて好き。
somet3



▽ポケットの裏側下半分に裏地が付いてるのが、デニムに浮き出てきた。
somet4



▽裾は部分はいつも折り返して履いているせいか控えめなアタリ。
somet5


何回目の洗濯か忘れたけど、あるときの洗濯でいきなりドカッと色が落ちて第2ステージに突入した感があります。
とはいえ日々の変化は微々たるもので、この記事を書くためにsometの写真を撮って去年の写真と比べてみたらこんなに色落ちたのかと自分で驚きました。

振り返って考えてみると、デニムの色落ちに合わせて、コーディネートするトップスとか靴もだんだん変化してきました。ジャケットとかキレイめなアイテムが合わせづらくなってきたから代わりのジーンズ買わないとなーなんて。

----------------------

sometジーンズ、今までの記録はコチラ → SOMETジーンズ育成まとめ
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


2013年 - ファッションベストバイ

2014/01/17 02:53
あけましておめでとうございます。

前回の更新からだいぶ時間が経ってますが、まだやめてませんよ。

書きたいことはあったのですがなかなか時間が取れず早一年。昨年の年末にせめて2013年のベストバイ、これだけは書こうと心に誓ってまた早1ヶ月・・。
今に始まったことではないですが時間が経つのがほんとに早く感じます。この調子で気づいたら80年経ってていつの間にかに棺桶の中にいたりするんでしょうね。光陰矢の如しとはよく言ったもので。

はい、では5位からスタートです。


【5位】 sacai - ドローコードシャツ (2.9万円)
sacai
最近気になっているsacai。2013年は定番のドローコードシャツを2着購入しました。
身幅が大きいからボトムスとバランスとるのが若干難しいけど、メインで着るもよし、インナーに着てドローコード部分を裾からチラ見せさせるもよしでスパイス的に使える一着。
写真はDSMで展開してるsacai gemのもので背面がスウェットに切り替わってます。



【4位】 foot the coacher - W MONK SHOES RASTY (セール 2.9万円)
foot the coacher
ダブルモンクの靴がメカっぽくて好きなんですが、トゥがポテっとした適度にカジュアル感があるのってなかなか無いんですよね。パラブーツか?ジュンハシのもっさんか?と色々探し回ってたのですが、阪急メンズ館でこちらを見つけ、半額になるまで粘って購入。

購入直後はマットなグレーで無機質な感じだったのが、履いてアニリンカーフクリームで手入れをしていたらツヤと革の濃淡が出てきてセクスィ―になってきた。これからの変化が楽しみです。



【3位】 Moncler - ウールブルゾン (7.3万円くらい)
Moncler
百貨店で奥さんが十数万円のモンクレール試着 → おれ「高ッ!みんなやたらモンクレール着てるし、2〜3万出せばいいダウン買えるよ!(うーん、でもやっぱカッコいいなあ・・)」→ 2週間後こっそりウールブルゾン購入 → 奥さんブチ切れ  そんな流れです。

六本木、銀座有楽町辺りに行くと制服かってくらいみんな着ててバカにしてたのですが、実際着てみると、まんまと「やっぱかっこいいよね」ってなりました。フード部分がダウンになってるのがモンクレールのエッセンス。



【2位】 Adam Kimmel - アンコンジャケット (セール1.8万円)
Adam Kimmel
上のfoot the coacherの靴を買いに阪急メンズ館へ行った際、間違えてつけちゃったのかなくらいの値段で投げ売りされててついでに購入。
アンコンジャケットはジャケットのくせにシルエットがへにゃっとしてるのが嫌いでいままで避けていたんです。が、肩パットとか芯地が無い分着るのも持ち運びも楽チンで、カーディガン感覚で使えるのでかなーり重宝しました。食わず嫌いよくない。

ポケットが大きく立体的なので今っぽい感じ。素材は一見ウールのツイードに見えますが、コットン・レーヨン・ポリエステルの混紡で柔らかく、チクチクしません。



【1位】 Kona Bay Hawaii - アロハシャツ (94ドル)
 Kona Bay Hawaii
年末にハワイに行った際に購入。Kona Bay Hawaii オーナーのKC キウチさんはヴィンテージアロハの有名なコレクターで、アロハ好きが高じてブランドを立ち上げてしまったというクチ。
Kona Bay Hawaiiについては別の機会にまた紹介しようと思いますが、買う時に生地のうんちくを聞いたり、この柄の元ネタになったヴィンテージアロハを裏から出してもらって見比べたりして楽しかった。

ハワイだとアロハシャツって安くて20ドルくらい、ちゃんとしたやつも大体7〜80ドルで買えるので、相場と比べるとちょっと割高な値段設定なのですが、ヴィンテージの製法を忠実に再現し、並々ならぬこだわりで当時のものと勝るとも劣らないクオリティで作られていると考えると、まったく高く感じない。

早く着たい!夏が楽しみです。

-----------------------------

以上、2013年のベストバイでした。
2013年は一昨年くらいから気になっていた junhashimoto と sacai に加えて、Moncler と、ベストバイにはありませんが Stone Island が気になり出した年でした。

2012年のベストバイ
2011年のベストバイ
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


続きを見る

トップへ

月別リンク

【コデ録】 メンズ/ファッション/コーディネート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる